更年期イメージ

日本人女性の平均閉経年齢は50.5歳と言われています。
一般的に、この閉経年齢の前後5年が(45〜55歳頃)を更年期と言われます。

月経が停止した段階では閉経と診断することが難しいため、1年間以上の無月経が確認された時、その1年を振り返って閉経と判断されます。

子宮を摘出された方は月経により判断できないため、ホルモン値が「卵胞刺激ホルモン(FSH)40mIU/ml以上かつ、エストロゲン(E2)20pg/ml以下」となれば閉経と判断されます。

更年期を迎えるとどうなるの?

更年期を迎え女性ホルモンの分泌が減少すると、ホルモンバランスが崩れ様々は不調を引き起こします。

 

神経系の症状 頭痛、めまい、耳鳴り、物忘れ、憂うつ感、判断力や集中低下、不眠、不安、倦怠感など
知覚系の症状 しびれ、かゆみ、知覚過敏または鈍麻
自律神経系の症状 のぼせ、ほてり、冷え、動悸、息切れ、手足の冷え
皮膚・分泌系の症状 皮膚や粘膜の乾燥、湿疹、発汗、ドライマウス、唾液分泌異常、ドライアイ
運動器系の症状 肩こり、腰痛、関節痛、筋肉痛
消化器系の症状 食欲不振、吐き気、便秘、下痢、腹部膨張感、のどのつかえ感
泌尿器・生殖器系の症状 月経異常、頻尿、残尿感、性器下垂感、性交障害、外陰部のかゆみ

 

 

 

更年期

 

40代〜の女性の大きな試練

それが【更年期】です。

 

「汗が止まらない、、」

「ホットフラッシュが、、」

「常に体調が悪い、、」

「常にイライラする、、」

「耳鳴りがする」

「めまいが辛い、、」

 

等々の症状で人に理解されず、

悩んでおられる方は多いでしょう。

 

 

女性ホルモン分泌が少なくなってきて、

その変化の症状としてこれらの症状がでてきます。

 

女性としての宿命でもあります。

 

 

ですが、

 

なかには、全く症状のでない方もおられます。

健康な女性の一つの現れでもあります。

 

 

私共の経験から、

 

更年期を迎えるまで、

生理疾患のない方は、

更年期の症状で悩まれる方は圧倒的に少ないです。

 

 

生理疾患があるということは、

女性ホルモンバランスが比較的整っている状況です。

 

生理疾患があると、、

女性ホルモンバランスが崩れていることが多くなっています。

 

 

その状態で更年期を迎えると、

よりバランスが崩れてしまうことになります。

 

 

そうなると、、

 

更年期の症状はでやすくなります。

 

 

これから更年期を迎える方は、

予防として、

:健康な生理になること(参照⇒

:リバースエイジングのケアをすること(参照⇒

が、重要となります。

 

 

今、更年期の症状でお悩みの方は、

JHBで指導させていただいている、

【JHB更年期5つのセルフケア】をご紹介しますので、

まずは、簡単に実践できることから始めてみてください。

女性気をつける(更年期)

 

  1. 添加物を減らす(食品・化粧品等)
  2. 糖を減らす(白砂糖はやめる)
  3. 発酵食品を摂る(味噌・納豆はお薦め)
  4. 睡眠の質を高める(規則正しく・22~26時の睡眠を増やす)
  5. 朝日を浴びる

 

 

まずは、この5つを実践してみてください。

 

 

定期的に情報を発信しています。

こちら

 

メルマガ

LINE@

 

 

それでも改善しない方、

オンラインコーチングにて個々に合った改善メソッドをコーチングしています。

個別にご指導させていただきますので、

オンラインコーチングを受けてみてください。

 

こちら

☑️誘導

 

 

早く改善したい方、

治療を受けたい方は、

お近くのJHB認定院・サロンで治療を受けてください。

 

こちら

☑️リンク先

 

ホームページでご紹介していない、

JHBの治療・セラピーができる治療院もございますので、

お気軽にご相談ください。

 

こちらから

☑️誘導